ビジネスローンは即日で借りれる?

ビジネスローンの即日審査は?

口コミイメージ

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

 

でも手続きごとに必要書類が異なって準備するのが面倒なんですよね。

 

ここではビジネスローンを組む際に必要な書類を調べてみました。

 

①健康保険証などの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、登記事項証明書などの書類を追加で求められます。

 

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

 

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

 

また、銀行融資を初めて行う場合は製品やサービスのわかる資料なども必要です。

 

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金集めを考えている方もいるのではないでしょうか。

 

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

 

ローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合ではその利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

 

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

 

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

 

他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

 

ビジネスローンを利用している方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

 

ただ、そういった借り換え行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

 

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

 

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社から借り入れたお金で支払いしたところでA社からすると貸していた事業者から完済してもらっただけということになります。

 

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

 

同じように銀行融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

 

世の中にビジネスローンは多くありますが正直、各ローン会社の特徴などがわからずどのローンを使えば良いか悩んでしまいますよね。

 

口コミなどから評判や特徴などを調べてみました。

 

例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で審査の申し込みをして翌日には融資を実行してもらえた。

 

」という方や赤字決算に陥ってしまったタイミングで融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

 

他にも、従業員3名以下の小規模経営の利用が大半ということなど迷った際は利用者の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

 

ビジネスローンで資金を工面しようと考えている方、どのローン活用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンで借りるのはいかがでしょう。

 

このローンの大きな特徴として、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

 

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、申し込み、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

 

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

 

しかし、申し込むには1つ必要な条件があります。

 

それは、Yahoo!ショッピングへの出店歴があるかという内容です。

 

そのため、Yahoo!ショッピング・ヤフオクで商品を販売している人にオススメのローンです。

 

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがそもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

 

一般的なキャッシングは個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですがギャンブル・事業目的の利用はできません。

 

一方で事業者向けローンは事業者を対象にしたものになります。

 

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

 

ノンバンク系の多くのローンでは担保が原則不要となり即日融資が可能なところもあるくらいスピーディーです。

 

普段、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーを見かけることが多いです。

 

こういったキャッチコピーって語呂が良くて覚えやすいものも多いですよね。

 

似たような言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

 

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほとんど同一と捉えていいようですが厳密にはその言葉が使われる目的による違いがあるようです。

 

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

 

融資で資金調達を検討する際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

 

それは金利だと思います。

 

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

 

そこで、今回は3種類の金融機関による金利の相場を調べてみました。

 

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

 

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですが審査には基本的に担保が必要になります。

 

最後に、融資までの期間が短いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっている分審査から融資までが早いです。

 


page top