カードローンとビジネスローン審査の姿勢がこんなに違う!!

18画像

 

読んで字のごとくの利用目的

テレビCMで流れている一般的なカードローンは、会社などで働いて給料をもらう人たちのための融資で生活資金を目的としたものです。

 

ですから、一部の消費者金融カードローンを除いて、融資された資金を事業資金に使うことは禁止されています。

 

一方で、ビジネスローンは会社経営者などの給料を払う側の人たち向けの事業資金を目的とした金融商品です。

 

そのため、一部のビジネスローンを除いて事業資金以外の用途に使用することは多くのビジネスローンで禁止されています。

 

 

個人事業主や会社経営者はカードローンに申し込めない?

決して、そのようなことはありません。

 

個人事業主や会社経営者の人でも生活資金としてカードローンに申し込むことはできます。

 

しかし、実際にはカードローン会社は個人事業主や会社経営者への貸付を積極的に行なうことはないようです。

 

多くのカードローンの申込条件の中に「安定した収入がある人」という言葉がありますね。

 

会社員や長期間のバイトやパートに従事している人は「給料」という形で安定した収入が得られますが、個人事業主や小規模企業の場合は実際の収入がわかりにくい上に事業の継続性も判断しにくのです。

 

そのため、貸し倒れのリスクが計算できないので、事業主への融資は避けられてしまうのです。

 

 

ビジネスローンは独自審査

カードローンは単純に収入と支払能力を評価する審査なので、事業主の収支面でしか判断できません。

 

しかし、ビジネスローンはビジネス専門の融資なので審査ノウハウが豊富に蓄積されているため、事業内容や将来性などの部分もしっかり評価して審査してくれます。

 

実際にビジネクストの場合は、赤字決済の企業でも申込みや融資の相談に乗ってくれるようですし、ビジネスパートナーでは税金未納の会社経営者の人でも借り入れることができたという例があります。

 

一般のカードローンなら、税金未納や家計が赤字の人に融資してくれる金融業者なんていないでしょう。

 

このように、ビジネスローンはカードローンと比較して詳細に審査するため時間が長くかかりますが、一般のカードローンのように個人事業主や中小企業経営者だからといって無条件で審査に落とされることはありません。

 

ちなみに融資までにかかる時間は、ビジネスパートナーが1日、ビジネクストが3日程度かかります。

 

しかし、それは審査基準が表面的な収支だけで無く、しっかりと企業の事業計画や経営内容を審査してくれているということの証なのです。

ビジネスローン比較して選ぶならこちら!