オリックス・クレジットの申込み資格や条件は?

04画像

 

オリックス・クレジットビジネスローンの申込み資格は?

オリックスVIPローンカードBUSINESSに申し込める人は20歳以上〜69歳までの人で、業歴1年以上の個人事業主か法人格を有する事業の代表者(例:○○株式会社や××有限会社を経営する人)と規定されています。

 

契約期間は1年間で、期間中にトラブルが無ければ契約は自動更新されます。

 

 

経営者と個人事業主の違いは?

経営者とは、いわゆる「社長さん」です。

 

株式会社や有限会社を設立して事業を展開している団体のトップの人を言います。

 

一方、個人事業主とは言い換えれば「自営業」です。

 

法人を設立しないで事業主一人だけ、もしくは家族や数人の従業員で運営される小規模経営の事業です。

 

たとえば、商店街の肉屋さんや八百屋さん、おそば屋さんなどの「おやじさん」と呼ばれる人を言うのです。

 

又、フリーのカメラマンやデザイナーと呼ばれる職業の人も個人事業主に属します。

 

個人事業主を名乗るには、税務署に開業届を出し、年末までに利益が発生して納税をしていることが基本的な条件となります。

 

オリックスVIPローンカードBUSINESSの入会条件には「業歴1年以上」という規定があるため、開業届を提出してから1年以上の期間を経過しないと申し込む事ができないというわけです。

 

 

事業用資金にしか使えないの?

一般の給与所得者は、お金を借りる際にはカードローンが利用できますが、法人格の代表者や個人事業主は信用情報や現状の収入面に問題が無くてもカードローン審査に不利になることが多いです。

 

そのため、経営者や個人事業主専用に作られた金融プランがビジネスローンなのです。

 

経営者や個人事業主が融資を受けるとなると事業資金としての利用が多いと思われますが、オリックス・クレジットのビジネスローン「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は、用途が限定されていないので申込時に用途を申請する必要がありません。

 

つまり、借り入れたお金は、自由に使うことができるということです。

 

 

申込時に必要となる書類は?

カードローンとビジネスローンを比較すると、決定的な違いがあります。

 

それは、ビジネスローンは経営者や個人事業主のためのローンなので、借り手は事業をしている証明をしなければならないことです。

 

ですから、通常のカードローンに必要な本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)の他に直近の確定申告書が必要になります。

 

ビジネスローン比較して選ぶならこちら!